SPF防腐処理材

マツ科 気乾比重 0.41~0.47

スプルス・パイン・ファーの三種混合材。それぞれトウヒ属・マツ属・モミ属となります。
加工性の高さと低価格が最大の売りです。設計・メンテナンス次第で寿命は大きく延びます。
高グレード商品からさらに選別を行い、質の高い商品を販売しております。

SPF防腐処理材写真 性能グラフ SPF防腐処理材

グラフの見方

商品情報
  • 1x4~2x12まで!サイズ豊富です

    レッドシダーより若干硬めですが、柔らかい感触です。豊富なサイズをそろえており、設計の自由度が高いです。

    他の材に比べて最もメンテナンス・施工方法次第で耐腐性に差が出る材です。湿気・シロアリ対策さえ行えばそうそう腐りません。

  • 加工はとっても楽

    軽いので長い材も取り回しが楽です。そして柔らかいので切断・ビス止めが大変容易です。

    ビスを打つ前に下穴は必須ではありません。端のほうでひび割れなど心配される場所は念のため開けるのも手です。

    切断面は防腐未処理部分が現れますので、施工時はもちろん後日防腐塗料を再塗装出来るよう施工される事をお勧めします。

  • 施工時の処理で寿命は大幅に変わります

    SPF自体は日本の風土ではあまり長持ちしません。そこで防腐処理が施されてますが、施工時にはさらに防腐塗料の使用をお勧めします。特に切断面など防腐未処理な部分を重点的にお願いします。

  • メンテナンスは必須です

    メンテナンスの頻度・精度でレッドシダーと同様の耐腐性を得る事が確認されてます。材同士の空間を若干空ける等、乾燥を促進するだけでも相当変わります。防腐塗装と施工方法で工夫してみてください。

    未塗装の場合、施工初期は雨等で色素が若干流れます。曲がる力は弱いので大抵の場所に使えます。メンテナンスを定期的に行える場合、最も安価にウッドデッキを作成する事が出来ます。

在庫表へ

page top

copyright© 2001-2017 takahashi seizaisyo.All rights reserved.